二次会の景品は何がいいか

>

結婚式のあとに

最も二次会というものが開催されやすい状況というものは、いつなんでしょうか。

答えは、「結婚式後」です。
一番とまでとは言いませんが、だいたいの二次会はこの結婚式後の催し物を指すことが多いです。

どんなことをするのかと言うと、結婚式や披露宴のように神聖かつ堅苦しい雰囲気は一切ありません。
むしろその逆で、リラックスして盛り上がれる飲み会という雰囲気になっています。
また、二次会の場合は本当に親しい仲間たちしか参加していないということも多いので、かなり砕けた感じの集まりになっています。
そういった背景もあるのでしょうか、結婚式や披露宴には参加しなくても、二次会には顔を出すという人が多く、特に若者には大半の人たちがそんな感じです。

他にもこんなときに

実は最近では、他のパターンの飲み会も二次会という名前で呼ばれたりしています。

ときたま同窓会や合コン、そして忘年会などの会社での飲み会などの大勢での集まりが開催されています。
その際に、一旦は飲み会自体がお開きにはなったけれど、「まだ飲み足りない」とか「もう少しみんなで騒ぎたい」という人たちが集まり、別のお店に行ってまた飲み始めたり遊びに行ったりするという現象が起きたりもします。

そして、その状況を「二次会」と呼ぶ人たちも増えてきています。
むしろ若い人たちには、こういったケースの方が二次会として定着しているという声があります。
確かに言われてみると、一度飲み会をしているのにまた始めるわけですから、二次会とも言えますね。


二次会で喜ばれたり盛り上がったりする景品はこれだ!

この記事をシェアする